コラム

不動産投資で成功してる人、失敗してる人の3つのポイント

投稿日:2019年5月16日 更新日:

不動産に限らず、物事には成功と失敗の2極に分かれます。

私も数えきれない相談を受けてきましたが、成功している人、失敗している人には共通点があります。

1、良い会社と出会えている!

これは大きなポイントです。

将来を左右していると言っても過言ではありません。

しかし、これから始める方や初心者の方からすると、

不動産投資会社の名前で馴染みある会社名はほとんどないと思いますので、

どのように会社を選ぶべきかわからない方が大半です。

1社から話を聞くだけではなく、最低でも2社から提案を聞き

選択できるポジションを取る事がとても大事です。

失敗しているお客様の大半は、

不動産投資を始める事にとらわれていて、

不動産投資を始めた後のことにフォーカスができていなく、

始めた後に失敗に気づくケースが多いです。

上場しているから、社員が多いから、経歴が多いからなどと

見た目で会社を判断せず、しっかり今後付き合える会社かどうか判断することが必要です。

2、良い立地で物件を買えている!

どんなに良い会社と出会えても物件選びを失敗していると、どんな会社でも賃貸付けに困ります。

とある不動産投資会社では、新築物件の販売時に広告費に力を入れ、パンフレットを豪華に作り、

ネット広告で華やかに演出をし、ユーザーに「良い物件」という錯覚をさせている不動産投資会社があるのも事実です。

言われるがまま買わずに、少し調べてみたり、相場観を分析をして買うべき物件か判断が必要です。

3、素直!

これは本当に不思議な話で、、、

上記に反する部分もあるんですが、

長年この仕事をしていると、

素直なお客様と素直じゃないお客様がいます。

素直とはイエスマンではないです!!(注意)

お客様の中には、営業担当が正しいことを話しても否定し、

自分が納得する桃源郷のような理想が高い物件を

何年も探し続けるという人がいます。

一方、営業担当の熱意を汲み取り、

物件の判断を早くする方もいらっしゃいます。

これは多くの不動産会社が実感していることですが、

本当に長年、理想の高い物件を探している人ほど、

失敗していたり、何年も買えていない方多いです。

逆に、自身がある物件をお客様に提案し、

提案している側が驚くぐらい早く決断したにも関わらず、

不動産投資を始めたお客様の方が成功しているケースがなぜか多いです。

これにはやはり、信頼できる営業担当に出会えるかも重要です。

もちろん理想を高く持つことは必要かもしれませんが、

存在しない物件を探し求めるよりかは、

現況で良い物件を紹介してもらうという姿勢も大事かもしれません。

不動産業界では、こんな格言があります。

「買いたい人より、買える人」

営業担当者もいくら物件を紹介しても、買わない人には

次第に物件を紹介をする事を諦めてしまいます。

なかなか理想の物件と出会えていない方や、

自分が気にいる物件に出会えていない方は、

少し営業担当者の意見に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

または物件を探す前に、信頼できる営業担当を探すことをオススメします!

成功する会社、成功する物件、成功を共に共有できる営業担当にみなさんが出会える事を祈ってます!

-コラム

Copyright© プロパティプロフェッショナル株式会社 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.